後援会チャレンジくん

category

“後援会チャレンジくん”募集中です

challenge_img

1 目的
学生自らが企画し、新たな目標にチャレンジし、社会に貢献するアクティブで個性ある学生を育成するため、目標設定型の奨励金制度を創設することで、学生の自己実現を支援する。
2 対象者
本学に在学する学生又は学生団体
3 対象事業
学生又は学生団体自らが企画し、新たな目標にチャレンジする活動とし、想定する活動は次の各号とする。
(1) 文化・学術・自主活動等において目標を設定し、当該目標に向けた活動
(2) 地域貢献・ボランティア等において目標を設定し、当該目標に向けた活動
(3) 国際交流・海外留学等において目標を設定し、当該目標に向けた活動
(4) (1)から(3)以外で本奨励事業の趣旨に合う目標を設定し、当該目標に向けた活動
ただし、ゼミの研究活動、資格取得、既に大学から助成を受けている活動は除く。
4 奨励額
1事業につき20万円以内とし、10事業程度を予定。(予算額200万円)
5 事業期間
平成25年度から3年間
6 決定方法
(1) 申請する学生又は学生団体は、所定様式により期限内に申請すること。
(2) 関係者で構成する「選考委員会」が、書類選考及びプレゼン等により審査・決定する。
(3) 選考委員会は、申請内容が、チャレンジする目標、目標に向けた活動内容、大学・地域への貢献度、アピールや先進的な取組か等を踏まえ審査・決定を行う
7 募集期間及び事業期間
(1)募集期間  予算承認後(平成25年6月19日)から平成25年7月5日まで
(2)事業期間  決定通知後から平成26年3月14日までに実施・完了する事業
8 実績報告
(1) 3月の別途指定する日までに、実績報告(所定様式)を行うものとする。
(2) 別途開催する活動報告会において、実績報告を行うものとする。
9 奨励金の支払
支払いは、選考委員会が実績報告により支払額を確定し、請求書により支払うものとする。
ただし、必要と認める場合は、支払予定額の2分の1の範囲内で前払いできるものとする。10 その他
(1)対象事業がやむを得ず当初設定した目標どおりの成果がなかった場合は、支払額を調整する場合があるものとする。
(2) 決定通知後、学生等が退学、除籍、休学となった場合、学校から処分を受けた場合は、当該事業
の決定を取消し、前払いした支払額を返還すること。

スケジュール
・公募:6月19日(水)~7月5日(金)
・書類選考:7月8日(月)~12日(金)
・プレゼン・審査会:7月16日(火)~22日(月)のうちの1日

challenge_bt