設立趣意書

 大阪府においては、現行の大阪府立大学、大阪女子大学、大阪府立看護大学の3大学を再編統合し、平成17年4月には新しい公立大学法人大阪府立大学がスタートすることになっています。
 この大学は、工学部、生命環境科学部、理学部、経済学部、人間社会学部、看護学部及び総合リハビリテーション学部の7学部と大学院6研究科(博士課程)を設置し、国際都市大阪における知的創造の場として、学術文化の中心的な役割を担うべく、広い分野の総合的な知識と深い専門的学術を教授研究し、豊かな人間性と高い知性を備えるとともに、応用力や実践力に富む有為な人材の育成を図り、もって地域社会及び国際社会における文化や生活の向上、産業の発展並びに人々の健康や福祉の向上に貢献することを目的としています。
 この新大学が、現行の3大学の伝統と歴史を受け継ぎつつ、我が国はもちろん、アジア・太平洋地域を中心に国際社会にも存在感のある大学として発展するとともに、学生が充実した学生生活を送り、幅広く深い教養に裏打ちされ、豊かな人間性を備えた人材に育っていくことを私どもは強く念願するものであります。
 このため、現在の大阪府立大学後援会、大阪女子大学教育後援会及び大阪府立看護大学の関係者が相より、(新)大阪府立大学後援会発起人会を設立し、検討を重ねてまいりましたが、大阪府及び3大学におかれては、新大学設立に向けての諸準備が進んでいることもあり、新後援会を早期に設立し、新大学の発展と学生生活の向上とを強力にバックアップして行くべきであるとの結論に達しました。
 皆様方におかれましては、新大学の一体的な発展と学生の人間形成を支援するための諸活動や教育研究環境の整備等につきまして一層の御支援を賜りますとともに、新後援会への御賛同と御入会を強くお願いするものであります。